2020.3.9

【保存版】薬に頼り過ぎない!花粉症対策の自然療法セルフケア

【保存版】薬に頼り過ぎない!花粉症対策の自然療法セルフケア

ホリスティック薬剤師の佐々木貴美です。

花粉症シーズン真っ只中にも関わらず、コロナウイルスの影響によるマスクの供給不足でお悩みの方も多いのではないでしょうか?

今回は薬を飲むだけではない、「花粉症対策の自然療法セルフケア」についてご紹介します。

花粉症治療の現状

日本人の約3人に1人が花粉症とも言われており、花粉症の方がマスクや抗アレルギー薬を購入するのに使う金額は平均年間1万2000円、日本全国で約600億円になるだけでなく、医療費や労働効率の低下に伴う経済損失は約2860億円にもなると言われています。

現在、花粉症に使われる主流の薬は「抗ヒスタミン薬」と言われるもので、処方箋がなくてもドラッグストアでも購入出来ますが、眠気や口渇、尿閉などの副作用があり、仕事中に事故を起こしてしまった原因の薬を調べると、睡眠薬や抗うつ薬、糖尿病治療薬よりも「抗ヒスタミン薬」の割合が高いとのデータも出ています。

「抗ヒスタミン薬」の種類によっては、たった1錠でも「ウイスキーのシングルを3杯飲んだ」のと同じくらい集中力や判断力の低下を招く薬もあるので、車の運転や高所作業をする方は特に注意が必要です。

「抗ヒスタミン薬」の中でもアレグラ(フェキソフェナジン)、クラリチン(ロラタジン)、ビラノア、デザレックスは脳内に移行しにくい為、眠気も出にくく、比較的安心して服用することが出来ます

しかし、今後は抗アレルギー薬が保険適応外になるとも言われているので、セルフケアの知恵を身につけておくことは必須になるでしょう。

花粉症対策セルフケア(食事、漢方、ハーブ、アロマ、ホメオパシーレメディ等)

【食事編】

腸内環境を整える

「腸は人の体で最大の免疫器官」とも言われ、体をウイルスや花粉などの外敵から守る免疫細胞の多くは腸に存在していて、その割合は免疫全体の約70%にもなりますし、腸内の善玉菌を増やすことでアレルギーに関与するIgE抗体の産生を抑制できるとの研究成果も出ています。

腸内環境というとヨーグルトをイメージされる方も多いと思いますが、日本人には乳製品を上手く消化出来ない「乳糖不耐症」の方も多く、人によっては腸内の炎症・腸内環境の悪化に繋がる場合もあるので、出来れば植物性の乳酸菌や発酵食品、食物繊維の多い食事を取り入れることをオススメします。

またサラダ油などのオメガ6系の油、加工食品や精製された小麦・砂糖などはアレルギーの炎症反応を促進する可能性がありますし、高タンパク食や高脂肪食、寝不足、過度なストレスなどは腸内環境を乱れに繋がってしまうので、なるべく減らせるように心がけましょう。

べにふうき茶

べにふうき茶に含まれる「メチル化カテキン」は、IgE受容体の発現を抑え、ヒスタミンの放出を抑制することで、アレルギー初期の反応を抑制し、目の痒み・鼻水・鼻づまり・皮膚の痒みなどのアレルギー症状を緩和すると言われています。

また、べにふうき茶に含まれるポリフェノールの「ストリクチニン類」や「テオガリン」などは、IgM抗体(細菌・ウィルス感染に関与)からIgE抗体(アレルギーに関与)への変換を抑制することで、アレルギーの原因となる抗体が減少することが最新の研究で分かってきただけでなく、ヒスタミンの放出抑制、活性酸素消去作用によってもアレルギー症状を緩和すると言われています。

シーズン中にこまめに補給するのはもちろん、花粉が飛び始める1.5ヶ月くらい前から飲み始めることで、よりアレルギー症状が改善することが分かっています。

【漢方編】

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

サラサラした透明な鼻水を伴う花粉症状に有効な漢方薬。

よく保険適用でも処方される漢方薬ではありますが、麻黄が含まれており長期連用はオススメ出来ないので、花粉症の期間ずっと飲み続けるものではなく、症状に応じて服用するように気を付けましょう。

また虚弱体質の方、妊娠・授乳中の方、小さなお子様、甲状腺疾患をお持ちの方も使用は控えましょう。

葛根湯加川きゅう辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)

鼻詰まり、ドロッとした黄色っぽい鼻水・痰、頭痛などを伴う花粉症状に有効な漢方薬。

こちらも麻黄が含まれており長期連用はオススメ出来ないので、花粉症の期間ずっと飲み続けるのではなく、症状に応じて服用しましょう。

また虚弱体質の方、妊娠・授乳中の方、小さなお子様、甲状腺疾患をお持ちの方は使用を控えましょう。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、玉屏風散(ぎょくへいふうさん)、衛益顆粒(えいえきかりゅう)

漢方における、体を構成する「気血水」の3つの要素うち、「気」を補うことで花粉に対する免疫・抵抗力を高める漢方薬

こちらは花粉症の期間中、長期連用が可能で、妊娠・授乳中の方や虚弱体質の方でも安心して服用出来ます。

また、「気」は1日の中でも朝作られる為、早寝早起きを心がけるようにしたり、胃腸の機能を高めて「気」を補う穀類、イモ類、豆類などの食材を取り入れるようにしたり、胃腸に負担をかけないように噛んで食事をしたり、腹7分目を心がけることも大切です。

【ハーブ・アロマ編】

エルダーフラワー

抗菌・抗ウイルス作用に優れ、ヨーロッパでは「インフルエンザの特効薬」としても知られるハーブ。

抗炎症作用粘液の浄化作用があり、鼻水・鼻づまり・のどの違和感を和らげたり、利尿作用で身体に溜まった毒素を排出するサポートをしてくれます。

アイブライト

「目」の様々な症状に良いと知られるハーブ。

抗炎症作用収斂作用があり、目の充血や炎症を和らげ、疲れ目のサポートをするだけでなく、目の痒みや鼻水、アレルギー症状の緩和にも有効です。

ネトル

ヨーロッパでは「春季療法」といって、春先(1月~2月)にアレルギーの予防や、冬の間に溜まった老廃物を排出するために用いられるハーブ。

ビタミンやミネラルが豊富で「造血・浄血作用」もあるだけでなく、「抗ヒスタミン成分」が含まれているため、喘息や花粉症などのアレルギー症状の緩和にも良いと言われています。

ペパーミント、はっか

抗炎症作用、抗菌・抗ウイルス作用があり、清涼感のある芳香成分の「メントール」を含み、鼻づまりの改善に効果的なハーブ・アロマ。

脳の働きを活性化する作用もあるため、鼻水・鼻づまりがひどく頭がぼーっとしたり、抗アレルギー薬の服用で眠気を感じる方にもオススメです。

【ホメオパシーレメディ編】

Allium cepa(赤タマネギ)

涙はマイルドだが、ヒリヒリ痛くなるような刺激性の鼻水・くしゃみが多量に出る花粉症状に向いているレメディです。

寒さや外の空気を吸うと症状が改善するが、温かい室内や夜に症状が悪化する方にも合っています。

Euphrasia(アイブライト)

鼻水はマイルドだが、焼けるような刺激性の涙、粘膜の充血・痒みを伴う花粉症状に向いているレメディです。

外気や暗い場所では症状が改善するが、室内・温かさ・光・夜で症状が悪化する方にも合っています。

Arsenicum album(三酸化二砒素)

涙も鼻水もどちらも刺激性で、鼻の下と眼瞼がヒリヒリ発赤するような花粉症状に向いているレメディです。

焼けるような痛みが温かさ・室内で改善するが、寒さ・外気で症状が悪化したり、落ち着きがなく不安感の強い方にも合っています。

Pulsatilla(アネモネ)

涙と鼻水はマイルドだが、鼻閉・黄色い分泌物のある花粉症状に向いているレメディです。

外気で症状が改善するが、温かい室内で症状が悪化する方にも合っています。

Sabadilla(ユリ科)

多量の水溶性の鼻水・涙、激しいくしゃみ、胸がゼーゼーするような呼吸の苦しさ、左右交互に鼻が詰まる、副鼻腔炎が伴うような花粉症状に向いているレメディです。

温かい部屋・温かい飲み物で症状が改善するが、寒い部屋・冷たい飲み物で症状が悪化する方にも合っています。

Nux vomica(マチン科)

夜に鼻が詰まり息が出来ない、朝にくしゃみが出る、目にヒリヒリする痛みがある花粉症状に向いているレメディです。

匂い・光に敏感な方、完璧主義な方にも合っています。

【番外編】

鼻の粘膜にワセリンを塗る

鼻の粘膜に直接花粉が付いたり、吸い込みにくくするように、鼻の粘膜にワセリンなどの保湿剤を塗って、保護膜を作ることも効果的です。

一般的な「白色ワセリン」よりも、「プロペト」「サンホワイト」などは精製度も高く、肌の弱い方・敏感肌の方にも刺激が少ないのでオススメです。

最後に

薬で症状を緩和するのも1つの手段ですが、それ以外の体の内側・外側からの対策を知っておくことで、辛い花粉症の時期を少しでも快適に過ごすことが出来るのではないでしょうか?

ご紹介したアイテムは抗アレルギー薬との併用も可能なので、ぜひ花粉症でお悩みの方に参考となれば幸いです。

参考動画

参考商品

【ネコポスで送料無料】ECLECTIC(エクレクティック)ネイザルサポート Ecoパック 45カプセル ec521【代引不可】

価格:4,104円
(2020/3/8 16:31時点)
感想(0件)

プラナロム エッセンシャルオイル ペパーミント /PRANAROM ペパーミント /送料無料

価格:3,740円
(2020/3/8 16:32時点)
感想(38件)

【ゆうパケットのみ/送料無料】※日時指定不可サンホワイトP-1 50g *

価格:1,050円
(2020/3/8 16:33時点)
感想(300件)

Homeopathy World 36 Homeopathic Remedy Deluxe Starter Kit by Homeopathy World

新品価格
¥9,800から
(2020/3/23 11:05時点)

この記事を書いた人
佐々木 貴美
薬に頼りすぎず、漢方・ハーブ・アロマなどの自然療法、予防医学、栄養学、美容などもバランス良く取り入れ、「体の内側から健康で美しく、ハッピーに」をコンセプトに発信する、ホリスティック薬剤師。電子書籍「健康美を手に入れて自分を輝かせるための15の処方箋」著者。

関連してる記事