2020.3.7

【保存版】知っておきたい!風邪・インフルエンザ・コロナウイルス予防対策

【保存版】知っておきたい!風邪・インフルエンザ・コロナウイルス予防対策

ホリスティック薬剤師の佐々木貴美です。

毎日のようにコロナウイルスの報道が飛び交い、不安を感じる方も多いかもしれませんが、皆さんはどのような対策をされていますか?

本日はマスクやアルコールだけではない、「風邪・インフルエンザ・コロナウイルス予防対策」についてお届けします。

正しいやり方で「手洗い・うがい」を行う

いくらマスクをしていても、隙間からウイルスや細菌が入ったり、ウイルスや細菌を触った手でそのまま顔や目を擦ったり、食事をすると、ウイルスや細菌を体内に取り込んでしまう可能性があります。

手の平・手の甲・手指の間・爪先・手首まで、30秒以上かけて丁寧に流水で洗い流しましょう。

石鹸やアルコールの過度な使用は、肌表面の常在菌までをも殺菌してしまったり、肌の弱い方は皮脂を余計に取ることで乾燥しやすくなるので、使い過ぎには注意が必要です。

うがいに関しても、水だけでも十分にウイルスや細菌を洗い流すことが出来ます。

イソジンなどのヨード含有うがい薬は刺激が強く、細胞毒性もある為、喉が炎症を起こしている時に使用すると逆効果です。また、抗菌系のうがい薬・トローチの常用は口腔内の有用な常在菌まで殺菌し、自分自身の免疫力を低下させてしまうので、こちらも使い過ぎには注意が必要です。

気を補う&乾燥対策で「バリア機能」を高める

漢方では、体を構成する気血水という3つの要素で構成されています。

そのうちの「気」というのは、私達の体の生命エネルギーや免疫・抵抗力に関わっている為、気が不足した状態だと、ウイルスや細菌、花粉など人に影響を与える要因「邪気(じゃき)」の影響を受けやすくなります。

食材の中でも、穀類、イモ類、豆類は胃腸の機能を高め、「気」を補うと考えられている為、よく噛んで食べましょう。

「気」を補い、バリア機能を高める漢方薬では、補中益気湯、玉屏風散、衛益顆粒なども有名です。

「気」は1日の中でも朝作られる為、早寝早起きを心がけることも大切です。

また、漢方では五臓六腑の中でも「肺」が免疫の要ですが、乾燥に弱い為、こまめな水分補給や部屋の加湿も効果的です。

白キクラゲ、白胡麻、大根、百合根、松の実などの白い食材や蜂蜜などは、体を潤す食材とも言われています。逆にアルコールや香辛料などの摂り過ぎは、肺を傷めてしまうので注意が必要です。

体を潤し、「気」も補う漢方薬としては、麦門冬湯なども有名です。

免疫力を高めるハーブ・食品を取り入れる

エキナセア

弱った免疫力を高め、抗菌・抗ウイルス作用もあるハーブで、風邪やインフルエンザ、花粉症、アレルギー性鼻炎などの症状緩和にも役立つと言われています。

実際に風邪をひく率が減ったり、治りが早まったという研究も多数報告されているので、ハーブティーやチンキなどで予防的に取り入れるのも良いでしょう。

ビタミンC

ビタミンCは免疫反応に関わる白血球の機能を高めることで、免疫力を高め、風邪・インフルエンザを予防したり、回復を早めると言われています。

体内でビタミンCを合成出来る動物は体調に合わせてビタミンCの合成量を変えていますが、人間・サル・モルモットなどの動物は体内でビタミンCを合成することが出来ない為、体調に応じて摂取量を調整する必要があります。

発酵食品・乳酸菌や食物繊維の多い食事で、腸内環境を整える

「腸は人の体で最大の免疫器官」とも言われており、体をウイルスや細菌、花粉などの外敵から守る免疫細胞の多くは腸に存在していて、その割合は免疫全体の約70%にもなります。

腸内環境を善玉菌優勢に整えることで、免疫力が高まるだけでなく、アレルギーに関与するIgE抗体の産生も抑制出来るとの研究成果も出ている為、普段の食事で難しい場合は健康食品やサプリメントなども活用してみましょう。

抗菌・抗ウイルス作用の強いハーブ・アロマ・食品を取り入れる

板藍根(ばんらんこん)

中国では古くから家庭の常備薬として使用され、細菌やウイルスの働き・増殖を抑制するだけでなく、抗炎症作用も期待出来ます。

板藍根が配合された飴を舐めたり、粉末の場合はぬるま湯に溶いた後、うがいをして服用するのも良いでしょう。

田七人参(でんしちにんじん)

朝鮮人参と同じくウコギ科の生薬で、肝機能の改善・血流改善などで有名ですが、抗ウイルス作用もあります。

肝機能に異常があったり、付き合いの多い方、生活習慣病をお持ちの方には、一石二鳥でオススメです。

エルダーフラワー

「インフルエンザの特効薬」としても有名なハーブで、利尿作用や発汗作用が高く、体内の毒出しをしたり、粘膜を整える作用もあると言われています。

マスカットのような風味でお子様でも飲みやすく、風邪のひき始めはもちろん、風邪・インフルエンザの予防として服用することも出来ます。

ティートリー、ユーカリ、レモン、タイム(精油)

抗菌・抗ウイルス作用が高く、ディフューザーなどで焚いて芳香で取り入れたり、マスクに1滴垂らしたり、キャリアオイルで希釈して喉から胸にかけてマッサージしたり、精油を洗面器に張ったお湯に垂らして蒸気吸入するなどして取り入れることが出来ます。

オレガノカプセル

「天然の抗生物質」と呼ばれ、抗菌・抗ウイルス作用に優れたハーブの一種。

風邪のひき始め、喉がイガイガし始めた時、胃腸炎気味な時、ヘルペスの出始めでピリピリし始めた時など、ここぞという時に服用するのがオススメです。

※妊娠・授乳中の女性、小さなお子様は服用出来ませんので、ご注意下さい。

マヌカハニー

こちらも「天然の抗生物質」とも呼ばれ、抗菌・抗ウイルス作用に優れた食品。UMFやMGOなどの数値が大きいほど抗菌力の高さを示しますが、常用ではなく、風邪のひき始め・喉がイガイガし始めた時など、ここぞという時に服用するのがオススメです。

※1歳未満のお子様にはボツリヌス中毒を引き起こす可能性がある為、使用出来ませんのでご注意下さい。



最後に

いかがでしたでしょうか?

万が一ウイルスに感染したとしても、発症する人・発症せずに済む人、すぐに治る人・なかなか治らない人の違いは、結局は自分自身の免疫力・自然治癒力が十分に働いているかどうかの違いと言えるでしょう。

もちろん上記で紹介したアイテムを取り入れるだけでなく、バランスの良い食事を腹7分目、良質な睡眠、ストレスケア、シャワーで済まさず入浴するなど、まずは日々の生活の土台を整えることも大切です。

ぜひ普段から免疫力を高める生活を心がけたり、予防対策に役立つアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか?

私が立ち上げから携わり、薬局長を務める「コロリエ薬局」の店舗・オンラインストアでも、免疫力を高めて感染症予防にオススメのハーブ・アロマ・食品・漢方薬などを取り扱っております。

予防が大事とは言っても、実際に「症状が出始めてからのセルフケア・養生法」については、また別の記事でご紹介したいと思います。

参考動画

風邪・インフルエンザ予防にオススメのナチュラルケア
[Holistic Care]風邪予防編

参考書籍・商品

自然ぐすり – 植物や食べものの手当てでからだとこころの不調をととのえる – (正しく暮らすシリーズ)

新品価格
¥1,620から
(2020/2/28 17:02時点)

エレクティック・ハーブチンキ エキナセア<約30mL>

新品価格
¥2,873から
(2020/2/28 17:05時点)

Lypo-C リポ カプセルビタミンC

新品価格
¥9,800から
(2020/2/28 17:06時点)

【イスクラ産業】板藍のど飴(ばんらんのどあめ) 80粒

新品価格
¥4,980から
(2020/2/28 17:18時点)

ECLECTIC エクレクティック エルダー FFD 300mg 45カプセル Ecoパック フレッシュアップグレード規格

新品価格
¥3,240から
(2020/2/28 17:11時点)

プラナロム ティートゥリー 10ml (PRANAROM ケモタイプ精油)

新品価格
¥2,200から
(2020/2/28 17:12時点)

オレガノプラス・カプセル

新品価格
¥3,456から
(2020/2/28 17:14時点)

マックスハニー オーガニック マヌカハニー MG550

新品価格
¥11,700から
(2020/2/28 17:15時点)

メイド・オブ・オーガニクス(made of Organics) マヌカハニー カモミールスプレーミント 25

新品価格
¥1,619から
(2020/2/28 17:16時点)

この記事を書いた人
佐々木 貴美
薬に頼りすぎず、漢方・ハーブ・アロマなどの自然療法、予防医学、栄養学、美容などもバランス良く取り入れ、「体の内側から健康で美しく、ハッピーに」をコンセプトに発信する、ホリスティック薬剤師。電子書籍「健康美を手に入れて自分を輝かせるための15の処方箋」著者。

関連してる記事